ブリコラージュ日記 : Journal du bricolage

詳細な計画や設計図なんかはありません。あるがままに何かを精一杯やったことと、過ぎてゆく日々の中で起こったことの記憶。

腕時計 購入計画 その2 時計のステータス

時計の購入を意識して、
実際に電気店の売り場や、ネットなどを
チェックすると、

まず、価格は本当にピンきりだ。
そして、メーカーやブランドも数多いことに
あらためて、驚かされる。


そんな目で、
会社の人や、電車の車内で、
みんなの腕時計を観察すると、

みんな結構高い
いい腕時計しているなーと思う。





そんな中で、
購入の条件は、以下のように定めた。
1.価格は、5万円以内
2.メーカーやブランドはこだわらないが、なぜそれを選んだか理由づけができること。
3.文字盤は、シンプルであること。デジタルや不必要な機能はいらない。
4.壊れにくいこと。防水がきちんとしていること。
5.誰かとかぶらないような時計であること。

それに加えて、
初めは、これまで、使用したことがなかったので、
機械式で、滑らかな針の動きを持つ時計という条件を入れていたが、
機械式は、
いろいろ調べると、ステータスが高くて魅力的なのだけど、
どうしても時間の正確性と、
時間を合わせる手間を考えると、
今の自分の生活には、合わないと考えて断念した。



そして、
実際にどのように選択していったのか?

第一に価格について。
自分も、年齢的には、20~30万くらいの時計を
使用していてもいいのだけど、
やはり、故障のことを考えたり、
実際的に今のお小遣いのことを考えると、
そんなに高額の時計を購入する気にはどうしてもなれない。

そして、
会社の人で、超高級時計をしているけど、
なんだか、何年も前に購入した
ダボダボのスーツを着ていたり、かかとの減った靴を履いていたり
するのを見ると、
身の丈に合っていない時計は、
逆に、滑稽というか、恥ずかしささえ感じるので、

無理せずに、自分に合った線で選びたい。

実際、5万円も出せば、
気に入ったデザインの時計なんて結構あると思う。





第二に
メーカーやブランド。
大概、文字盤にメーカーやブランドは記載されているので、
時間を確認するたびに目に入るので、
自分が、好きになれる会社でないとだめだと思います。

もちろん色や形、デザインも含めての話です。

今回、高級路線で行くつもりは、
全くないので、歴史があって、皆が使っているものは、
いいものであるに違いないとの推測から、
まずは、アメリカの大衆時計
タイメックスに目を付けました。
候補をいくつかあげましたが、結局
仕事場で自分がしているイメージがしっくりくる
物が見つからずに断念しました。

そして、次に考えたのが、
やっぱり信頼性で、国産時計。
カシオ、セイコーがやっぱり種類、ブランドが豊富。
ただ、なんだ少し面白みにかける。

そこで、決めたのが、
国産で、機械式時計のイメージがある
オリエント時計

経営は、セイコーエプソンの傘下に入っているみたいだけど、
なんだか、職人気質を感じる時計屋さんのような感じがしてここに決めました。




ここまで来るともう簡単
残りのの条件は、
3.売り場に並ぶ中から、気に入ったデザイン
4.壊れにくい、防水であること
5.誰ともかぶらない
いくつか、試着?してみて、2万円くらいの時計に決めました。
ムーブメントは、ソーラーにしました。
蓄電池が、故障した際には、買い替えるのを前提としての購入。

5年前後は、使いたいな。




最後の最後、文字盤の色の違いで迷ったけれど、
文字盤が、白よりも
黒のほうが、若いイメージありますね
との軽い一言で、

文字盤は黒にしました。




文字盤の色でも、
手に付けた印象は、全然違います。
ネットとかで、買うのもいいけど、
実店舗で、一度手に付けて
重さや見やすさは
実際に手にしてみないとわからないなと思った。




今回、時計に関して
いろいろなホームページやブログを見たりしたけど、
結構、いろいろな特別な思いを
腕時計に持っている人がおおいなと感じた。

男性は、特に腕時計って観察している人は
よく見ているんだなーと思わさせられた。


自分は、高い高級時計を買ったわけではないけど、
自分としては、
いろいろ調べて気に入った物を購入する
楽しい買い物ができたので、満足だ。


今回、初めて購入したソーラー時計は、
はたしてどのくらい一緒に時間を過ごせるのかな?

スポンサーサイト

腕時計 購入計画 その1

かれこれ、7~8年使用していた腕時計が、
正確な時間を保つことができず、
一日、数分ずつ遅れがちになってきた。

おそらく、
電池がなくなってきていて、
電池交換の時期が来たようだ。

これまで使用していた時計は、
タケオキクチの時計で、
3万円くらいで購入したものだった。

過去に2回ほどの
電池交換と、文字盤のガラスにひびが入ってのガラス交換、
原因は不明だが、
時計の内部に水分が入ってしまったようで、
文字盤が水滴で、曇るという現象が出てその修理をしてもらう

などのメンテナンスをしてきた。



今回も、通常に
電池交換をしようかとも考えたが、
(近所のドラッグストアでは、700円程度で、
電池交換を受付している。)

いっそ自分で交換しようとも
考えたが、専用の工具が必要みたいだし、





電池も結局、ただではないし、

そろそろ、買い時かなとの思いもあり、
購入しようと思い、
いろいろ調べてみた。




そもそも、
腕時計はその動力方式で、大きく分けて、
3種に分かれる

1つ目が、電池で動く「クオーツ時計」

2つ目は、エコといわれる太陽光などで発電する「ソーラー時計」

3つ目が、自動・手動どちらもある、ぜんまいで動く「機械式時計」


どの駆動方式も、機能面で一長一短ある。


1つ目の「クオーツ時計」
長所は、
価格が比較的安価であること、
時間が機械式に比べて狂いが生じにくく、正確であること、
機械式のようにぜんまいをまく作業が不要なので、
時間を使用前に合わせる手間がかからないこと。

短所は、
電池を電源としているため、2~3年で、
電池交換が必要となること


2つ目の「ソーラー時計」
長所は、
時間が、クオーツ同様に正確であり、時間合わせの必要がないこと。

短所は、
ソーラー電池も、実は日々充電、蓄電、放電の工程を
繰り返していて、5~7年程度でメンテナンスが、
必要となり、蓄電池の交換となれば、
新しく購入した方が、安価になるくらい高くつくこと。
つまり、一生ものというような使い方にはそれなりにコストがかかる。



3つ目の「機械式時計」
長所は、
いわゆる高級時計はこの機構を採用していて、
機械式時計は、それなりのステータスが備わっているものが多いこと。
電池のように、なくなったら終わりというような使い方をするものでなく、
定期メンテナンスをしながらも、長く使用できること。

短所は、
全般的に効果であること。(5000円程度の安価のものもありますけど)
2~3年ごとに推奨される定期的なメンテナンスには、
かなり費用がかかること。
時間は、クオーツに比べて、
かなり一日でずれが生じてしまうこと。
自動巻なら、数日使わないでいた場合や、
手動であれば使用時には必ず、ぜんまいをまいて、
時間を合わせないとならないこと。



それぞれに、長所短所があるけど、
どれもすべて製造され、売っているということは、
どの種類も需要があって、
人それぞれに好みで、使っているということですね。


時計全般の知識については、
このページが、参考になります。
COOの腕時計
株式会社 正美堂

プロフィール

  のほほ~ん法師

Author:  のほほ~ん法師
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

種族 :Human
性別 :男
年齢 :40代
属性 :善良
職業 :会社員/放浪者
信念 :勤勉であること


物、お金、時間、健康、人間関係
そして自分自身のこと....

人生は、本当に
いろいろな制約があるものです。
それと同じく悩みの種も
尽きることがありません。

あきらめず
前向きな気持ちを持って、
変化を求めて過ごしていきたい。

だけど、
本当はなるようにしかならない。
それならば、あるがまま過ごそうか。

最新記事
カテゴリ

 ┗雑貨 (16)
 ┣献血 (7)
 ┣散歩 (34)

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム

バナー/ご意見メール







人気ブログランキングへ







当サイトは、リンクフリーです。
このバナーを御利用ください。



御意見はこちら

アクセスカウンター







広告

MY ホームページ



の ん び り 旅 行 記



2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

2002年

2001年

2000年

北海道・東北の旅
中部・北陸の旅
関東の旅
近畿の旅
中国・四国の旅
九州・沖縄の旅
アジアの旅

====日本の観光地====

■北海道・東北地方■
北海道
青森県
秋田県
岩手県
山形県
宮城県
福島県

■中部・北陸地方■
新潟県
富山県
石川県
福井県
山梨県
長野県
岐阜県
静岡県
愛知県

■関 東 地 方■
神奈川県
東京都
千葉県
埼玉県
群馬県
栃木県
茨城県

■近 畿 地 方■
滋賀県
京都府
兵庫県
大阪府
奈良県
三重県
和歌山県

■中国・四国地方■
鳥取県
岡山県
広島県
島根県
山口県
香川県
徳島県
愛媛県
高知県

■九州・沖縄地方■
福岡県
佐賀県
大分県
熊本県
長崎県
宮崎県
鹿児島県
沖縄県




巡 礼 遍 路 の 旅


仏像と寺院
巡礼の作法
般若の教え
仏名鑑
六道輪廻の思想
地獄めぐり
極楽浄土
様々な巡礼霊場
巡礼用品

四国八十八ヶ所霊場
発心の道場
修行の道場
菩薩の道場
涅槃の道場

百観音霊場
西国観音霊場
坂東観音霊場
秩父観音霊場

日本各地の霊場
北海道東北
関東
中部北陸
近畿
中国四国
九州沖縄

地方霊場巡礼記
三浦観音霊場
鎌倉観音霊場
関東三十六不動霊場
関東八十八ヶ所霊場
御府内八十八ヶ所霊場
鎌倉二十四地蔵尊霊場

名刹探訪問日誌




三 浦 半 島 散 歩 道


横須賀北部
横須賀南東部
横須賀南西部
三浦市
葉山・逗子

一月の歳時記
二月の歳時記
三月の歳時記
四月の歳時記
五月の歳時記
六月の歳時記
七月の歳時記
八月の歳時記
九月の歳時記
十月の歳時記
十一月の歳時記
十二月の歳時記

三浦半島イベント見聞録

三浦半島 ウォーキング記録

三浦半島の宿
三浦半島の土産
三浦半島へのアクセス
三浦半島の味