ブリコラージュ日記 : Journal du bricolage

詳細な計画や設計図なんかはありません。あるがままに何かを精一杯やったことと、過ぎてゆく日々の中で起こったことの記憶。

ダンベル体操



最近、健康のためトレーニング施設に通ったりしていて、
からだを動かすことに興味が高まっています。

10年以上前にダンベル体操って流行っていたけど、
今回、自宅でも気軽にできるかな?
と思って、ダンベルを購入してみた。

あとは、実際にどうやって、どんな体操をするのか調べるだけ。
トレーニング施設に体操のポスターが貼ってあるけど、
絵と言葉の説明だと実際の動きが良くわからない。

間違った体操で、効果がないだけでなく、
からだを痛めたりしたら嫌だし....

ただ、今更そんなDVDとか売っているのかな?


スポンサーサイト

水筒の漏れ  パッキン交換

普段、通勤に水筒を持ってあるいている。
先日、蓋の閉めが甘かったのか?
お茶がかばんの中に少し漏れていた。

幸い濡れて困るものがなかったので、
支障はなかったが、
重要な書類などが入っている時だったたら
困る。

ただ、水筒をもって歩くのをやめる気もない。
念のため、水筒の蓋のところのパッキンを交換することにした。

サーモスの水筒を使っているが、
パッキンは、消耗品で1年に1回交換した方が良いと書いてある。
前回も、確か水漏れが気になって交換した気がする。

ネットで、購入しようと思い検索するが、
実は、近所の実店舗と同じ価格である。

実店舗だと、取り寄せになるが、送料がかからない分だけ得だ。
まだ、注文していないが、以前に注文したことのある量販店で近日中に注文しようと思う。






蓋のパッキンを見ていたら、
もう少し容量のある水筒が欲しくなり、
象印の別の水筒を購入。

これまで、350mlの容量だったから、500mlを購入。
容量が増えたのが良かったが、
蓋の機構がなんだかロック機能がついていることと、
分解ができないので、洗うのに少しめんどうな感じがする。

サーモスの今までの水筒の方が使いやすいかな。
慣れもあるんだろうけど......

今日は、天気もいいので、水筒を持ってどこかに行こうかな。



母の日のプレゼント2015年 トゥルースリーパー



毎年、母の日と父の日はなにをしていいのか困る。
何となく、いろいろなものをあげてみたりするが、
洋服とかだと、もったいないといって、着ることなくタンスにしま割れてしまったり
いまいちなかんじがする。
かと言って、花を贈ってものもともと
家に飾る習慣が無いので、お仕着せがましい気がしてしまう。

そうして、消去法でいつも日常品のちょっといいものを
送ることにしているが、
今年は、トゥルースリーパーのマットレスを贈ることにした。
布団って、引っ越しでもしない限りなかなか新しく買い替えないので、
結構良い機会だと思う。

トゥルースリーパーが実際どのくらい
寝心地が良いのか?よくわからないが、
値段もそれなりなので、良いものなのだろう。

今回、ネットで注文したが、
いろいろと忙しく手配が遅くなってしまった。
そのため、今週やっと母のもとに到着した。

次は、父の日が来る。
何がいいかな?
今度は、早めに考えておかないと。

手帳を選ぶ2015



もうすぐに12月になるので、
今年も手帳探しの時期だ。

こ何年も、プライベートでは同じ手帳をずっと使い続けてきた。
日本能率協会のA6サイズの手帳。

プライベートの手帳なので、
持ち運びに便利で、
それなりに記入のスペースがあることが条件なので、
気に入って使い続けてきた。
実は、探すと文庫サイズのA6サイズの手帳ってあまりない。
この時期に文具店や書店でA6サイズを探しても種類が少ない。

そして、月刊予定。
週次の記入ページのあるこの手帳は非常に重宝していたのだが
昨年から、巻末のフリースペースページが、
一部、方眼用紙に変更になったことが気に入っていなかった。

そこで、今年は10年以上使用してきたこのタイプを変更することにした。



しかし、1年間使っていくものだし、
自分は手帳に目標とかを書いて持ち歩いたりしているので、
その年の一年間の行動に影響を与えるので、
割と真剣に探してきました。


探すと本当にビビッとくるものに当たらない。

諦めていたその時、
何気なくイオンで見つけた安価な手帳。
A6サイズ。
月刊予定あり。
日記が書けるような週間予定あり。
たっぷり用意された巻末のメモ欄。

決めました。
すごく安かった。
使いやすいかどうか?気持ちよく使えるかどうか?は、
正直、一年たってみないと全く分からないので何とも言えないが、
とりあえず、手帳は購入したし、
年末のささやかな心の重荷が一つ解消されました。



ちなみに、
仕事用の手帳は今年も同じ。
自分の中で、使い方を決めてしまっているので
なかなか変えられないな。
出版社で、一方的にデザインとか構成を変えられてしまうのがやはり怖い。

◆手帳術について思うこと

世間に、手帳術などがいろいろと出回っていますけど、
単純に自分の好きなものを
大切に好きなように、使いやすいように使っていくとすごく効果あると思います。
毎日の出来事を簡単にメモしていくだけでも、すごく効果あります。
特に職場では、つい数日前のこともみんな忘れてしまっていいるので
あの時、こんな話が出ました、こんなことがありましたと
出来事の断片をメモを見て自身をもって言えるだけでも
皆に一目置かれると思います。

冷蔵庫 購入




本格的な夏を前にして
冷蔵庫を購入することにした。

使用していた冷蔵庫は、もう10年以上使用していた。
冷えが悪くなっていたし、音も結構大きくなっていたように思う。
そして、冷蔵庫の側面がかなりのあつく熱を発するようになっていた。

冷蔵庫は、ある時突然壊れて、
壊れた時には急に選択しないといけないので、
あまり、よく選ぶことができないと
よく言われるので、
完全に壊れる前に購入することにした。

電気店を数店舗回って、
一番安く購入できるところで購入した。

今回購入の冷蔵庫を選んだ理由は
大きさは小さくても、電子レンジが上部におけること。

大きさが大きい方が、金額的にはお得感はあったが、
今回は、自宅のスペース確保重視のため
小ぶりのものをチョイスすることになった。

それにしても、今回は当初、
店頭で表示していた金額からかなり割引してもらうことができて
嬉しかったのだが、
これまで、他の家電は、特に交渉をせずに
表示金額で購入することが多かったので、
その意味では少しショックを受けてしまいました。

プロフィール

  のほほ~ん法師

Author:  のほほ~ん法師
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

種族 :Human
性別 :男
年齢 :40代
属性 :善良
職業 :会社員/放浪者
信念 :勤勉であること


物、お金、時間、健康、人間関係
そして自分自身のこと....

人生は、本当に
いろいろな制約があるものです。
それと同じく悩みの種も
尽きることがありません。

あきらめず
前向きな気持ちを持って、
変化を求めて過ごしていきたい。

だけど、
本当はなるようにしかならない。
それならば、あるがまま過ごそうか。

最新記事
カテゴリ

 ┗雑貨 (16)
 ┣献血 (7)
 ┣散歩 (34)

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム

バナー/ご意見メール







人気ブログランキングへ







当サイトは、リンクフリーです。
このバナーを御利用ください。



御意見はこちら

アクセスカウンター







広告

MY ホームページ



の ん び り 旅 行 記



2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

2002年

2001年

2000年

北海道・東北の旅
中部・北陸の旅
関東の旅
近畿の旅
中国・四国の旅
九州・沖縄の旅
アジアの旅

====日本の観光地====

■北海道・東北地方■
北海道
青森県
秋田県
岩手県
山形県
宮城県
福島県

■中部・北陸地方■
新潟県
富山県
石川県
福井県
山梨県
長野県
岐阜県
静岡県
愛知県

■関 東 地 方■
神奈川県
東京都
千葉県
埼玉県
群馬県
栃木県
茨城県

■近 畿 地 方■
滋賀県
京都府
兵庫県
大阪府
奈良県
三重県
和歌山県

■中国・四国地方■
鳥取県
岡山県
広島県
島根県
山口県
香川県
徳島県
愛媛県
高知県

■九州・沖縄地方■
福岡県
佐賀県
大分県
熊本県
長崎県
宮崎県
鹿児島県
沖縄県




巡 礼 遍 路 の 旅


仏像と寺院
巡礼の作法
般若の教え
仏名鑑
六道輪廻の思想
地獄めぐり
極楽浄土
様々な巡礼霊場
巡礼用品

四国八十八ヶ所霊場
発心の道場
修行の道場
菩薩の道場
涅槃の道場

百観音霊場
西国観音霊場
坂東観音霊場
秩父観音霊場

日本各地の霊場
北海道東北
関東
中部北陸
近畿
中国四国
九州沖縄

地方霊場巡礼記
三浦観音霊場
鎌倉観音霊場
関東三十六不動霊場
関東八十八ヶ所霊場
御府内八十八ヶ所霊場
鎌倉二十四地蔵尊霊場

名刹探訪問日誌




三 浦 半 島 散 歩 道


横須賀北部
横須賀南東部
横須賀南西部
三浦市
葉山・逗子

一月の歳時記
二月の歳時記
三月の歳時記
四月の歳時記
五月の歳時記
六月の歳時記
七月の歳時記
八月の歳時記
九月の歳時記
十月の歳時記
十一月の歳時記
十二月の歳時記

三浦半島イベント見聞録

三浦半島 ウォーキング記録

三浦半島の宿
三浦半島の土産
三浦半島へのアクセス
三浦半島の味