ブリコラージュ日記 : Journal du bricolage

詳細な計画や設計図なんかはありません。あるがままに何かを精一杯やったことと、過ぎてゆく日々の中で起こったことの記憶。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

法務局に行ってみる。不動産抵当権解除手続き

先日、ローンの無事に住宅ローンを完済したため、
自宅の登記から銀行の抵当権を抹消する手続きをしに行きました。

行先は、自宅の住所を管轄する法務局。
お役所なので、平日しか営業していませんので、
仕事を休んで行ってきました。

銀行から送られてきた書類には
手続きは難しいので
司法書士に依頼することをお勧めしますという案内が書かれています。
ただ、ネットなどでは
今や自分でやるのが普通みたいなので
僕も自分で手続きをします。

必要書類のほとんどは銀行から郵便で送られてきます。

しかし、法務局に申請をしますというメインの書式は自分で準備しなければなりません。
自分で、申請書を作成するんです。
これが、住民票の申請用紙みたいに
ひな形があってそこに埋めるだけでなく
自分で、A4の用紙に一から作らないといけない。
これがむずかしいと言われる理由のようです。
ネットの情報を参考に、
必要な書類を準備しました。

下記のホームページはとても参考になりました。
http://law.main.jp/teitoukenmasshou/


書類を準備できれば、あとは印鑑と登記費用2000円と
後日発送用の郵便代、そして印鑑を持って行けば、
法務局の窓口で、書類のまとめ方、内容の修正などすべて
親切に見てくれます。

まったく不安はありませんでした。


一生に一度かもしれないセレモニーと思えば、
司法書士に頼まずに自分でやりたいものです。
スポンサーサイト

停滞する気分。4月からの新生活。

4月から、職場が変わった。
新しい職場は、今まで経験したことのない業務で、知り合いも居ない。
全く新人の状態だ。

毎日毎日、ものすごくストレスを感じる。
みんな、忙しそうにしているが、自分は仕事の全容が見えておらず、
なんだか空回り。それどころか、何もしていない。
今までの職場では、自分がすべてを管理しているくらいの自負があっただけに
そのギャップにものすごく苦痛を感じる。

これまでも何度か、
同じような環境が変わることでの
ストレスはあったが、
年を取ればとるほど、
周りから妙な気の使われ方をしたりするせいで、
余計に居心地が悪くなるような気がする。
こちらとしては、今まで同様に新人として、
真摯にいろいろなことを覚えようとしていても、
なんだかやりにくい。

今の仕事に慣れるまで、当分この苦痛が続くのかと思うと
気が滅入るが仕方がない。
まあ、実際は慣れてしまえば、量は多いが、
対してむずかしい仕事ではないことは、の半月で分かってきた。
いそが渋っている人たちの化けの皮を剥がしてやるくらいの気持ちで、
もう少し頑張ってみようかな。

それにしても、ただ
少し早く配属されて、自分たちが
好き勝手なルールを決めて業務をしているだけなので
あとから来た人間はそのルールを知らないのは当然だと思う。
それなのに、あたかも社会人として、
仕事ができないのみたいな態度をされるのは
腹が立つ。

電気の自由化



毎日、特に何の考えもなく使用している電気。
当たり前のようにこれまでは、東京電力で契約していた。
新聞やテレビで話題になっているように
今後は、電力会社を選ぶこともできるようになる。

今回、知人から勧誘され、
付き合いで、エネオス電気に申し込んできた。

提供される電気は目に見えないものだし、
電力会社をかえても法で制御されていて
停電等に会社をかえたからと言って優先で
電気が止められたり、提供されたりすることもないらしい。

金額は、安くなるように説明されたけど、
正直ほとんど変わらない気がする。
それより、そこまで気にするんなら、
契約アンペアを見直したり、
生活の上で、もっと節電しないといけないかも。

まあ、使ってみて不便だった変えればいいし、
始まったばかりだから、なにかトラブルあるかも知れないしね。

docomoのいい加減すぎる対応


docomoの携帯は、20年位使っている。

今は、docomoでガラケーを使い、iijmioの格安simでスマホを使っている。

スマホは元は、docomoのスマホとして利用していたものなので、ドコモショップで電池パックを購入することにした。


そしたら、ポイントを3000ポイント使って交換可能との説明された。言われるがままに契約。
手続きを終えてドコモショップを後にする。


しばらくして、スマホ電池パックについて調べていたら、契約期間が長いともっと安く購入できそうな記述があった。

気になって、用事を済ませた帰りにもう一度ドコモショップに立ち寄る。
先ほどの人よりベテラン風な人に状況説明。
その後10分ほど待った結果、先ほどの契約は無くし、1000ポイントで購入できました。

一体どういうことか?めんどくさいので理由は、深く聞かなかったが、結構いい加減な会社だと思った。

何事も言った者がとくするわ。

鯉のぼり




今日は子供の日。
買い物などで出かけると、商店の店先や、商店街のアーケードなどに鯉のぼりが飾られている。
自分が子供のころは、家の周りを歩くと自宅のベランダなどに鯉のぼりを飾っている家がちょくちょくあったり、
近所の家では庭にポールを立てて大きな鯉のぼりを飾っているような家もあった。
最近では家に飾っているのなんか全く見ないな。

そういえば、祭日でも日の丸を家の前に掲揚している家なんて全く見なくなった。
どうしてこの制度ってなくなってしまったかな?
鯉のぼりも、日の丸もある特定の日に対する敬意というか、
日々の出来事を大切にする習慣であるので、もっと大事にすればいいのになと思う。

そう言いながらも、我が家には日章旗も、鯉のぼりもありません。
ごめんなさい。
プロフィール

  のほほ~ん法師

Author:  のほほ~ん法師
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

種族 :Human
性別 :男
年齢 :40代
属性 :善良
職業 :会社員/放浪者
信念 :勤勉であること


物、お金、時間、健康、人間関係
そして自分自身のこと....

人生は、本当に
いろいろな制約があるものです。
それと同じく悩みの種も
尽きることがありません。

あきらめず
前向きな気持ちを持って、
変化を求めて過ごしていきたい。

だけど、
本当はなるようにしかならない。
それならば、あるがまま過ごそうか。

最新記事
カテゴリ

 ┗雑貨 (16)
 ┣献血 (7)
 ┣散歩 (34)

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム

バナー/ご意見メール







人気ブログランキングへ







当サイトは、リンクフリーです。
このバナーを御利用ください。



御意見はこちら

アクセスカウンター







広告

MY ホームページ



の ん び り 旅 行 記



2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

2002年

2001年

2000年

北海道・東北の旅
中部・北陸の旅
関東の旅
近畿の旅
中国・四国の旅
九州・沖縄の旅
アジアの旅

====日本の観光地====

■北海道・東北地方■
北海道
青森県
秋田県
岩手県
山形県
宮城県
福島県

■中部・北陸地方■
新潟県
富山県
石川県
福井県
山梨県
長野県
岐阜県
静岡県
愛知県

■関 東 地 方■
神奈川県
東京都
千葉県
埼玉県
群馬県
栃木県
茨城県

■近 畿 地 方■
滋賀県
京都府
兵庫県
大阪府
奈良県
三重県
和歌山県

■中国・四国地方■
鳥取県
岡山県
広島県
島根県
山口県
香川県
徳島県
愛媛県
高知県

■九州・沖縄地方■
福岡県
佐賀県
大分県
熊本県
長崎県
宮崎県
鹿児島県
沖縄県




巡 礼 遍 路 の 旅


仏像と寺院
巡礼の作法
般若の教え
仏名鑑
六道輪廻の思想
地獄めぐり
極楽浄土
様々な巡礼霊場
巡礼用品

四国八十八ヶ所霊場
発心の道場
修行の道場
菩薩の道場
涅槃の道場

百観音霊場
西国観音霊場
坂東観音霊場
秩父観音霊場

日本各地の霊場
北海道東北
関東
中部北陸
近畿
中国四国
九州沖縄

地方霊場巡礼記
三浦観音霊場
鎌倉観音霊場
関東三十六不動霊場
関東八十八ヶ所霊場
御府内八十八ヶ所霊場
鎌倉二十四地蔵尊霊場

名刹探訪問日誌




三 浦 半 島 散 歩 道


横須賀北部
横須賀南東部
横須賀南西部
三浦市
葉山・逗子

一月の歳時記
二月の歳時記
三月の歳時記
四月の歳時記
五月の歳時記
六月の歳時記
七月の歳時記
八月の歳時記
九月の歳時記
十月の歳時記
十一月の歳時記
十二月の歳時記

三浦半島イベント見聞録

三浦半島 ウォーキング記録

三浦半島の宿
三浦半島の土産
三浦半島へのアクセス
三浦半島の味

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。