ブリコラージュ日記 : Journal du bricolage

詳細な計画や設計図なんかはありません。あるがままに何かを精一杯やったことと、過ぎてゆく日々の中で起こったことの記憶。

日教組への抗議の姿をみた。


たまたま、小雨の降る某日に日教組に抗議する活動に出くわした。

沢山の警察車両と機動隊が出動していて、ものものしい雰囲気であった。


街宣車で、主張する団体はや、歩道橋の上で日の丸を手に声をからして演説する人。


いろいろな主張があるので仕方がないが、

それらに対する警察関係者たちは、なんだかだらだらしていて、とりあえずそこに居るみたいな雰囲気が出ていてどうかと思った。
スポンサーサイト

今年最後のスイカを食べる。


朝夕は、急に寒くなった。
つい数日前まで、じっと座っていても、暑くて汗が吹き出してくるようだったのに、夏ももうおわりかな?

夏の最後の記念にスイカを食べた。今年は、四個目だったかな?

今年のスイカは、どれも少し赤みが薄くて、甘さが足りない気がする。

雨が多かったり、暑すぎたり、いろいろな要因があるので仕方がないのか。


さて、恐らく今年最後になるであろうスイカはといえば、
やはり、甘さは控えめだった。
でも、最後の夏の味覚を満喫した。

ただ、張り切って食べて、冷たくなった風にあたっていたら、おなかがくだってしまった。

献血センターに行ってみた。

いつものとおり、前回実施から、3ヶ月の次回献血不可な期間が過ぎて、献血センターから、
献血のお願いの通知が送られてきた。


今回も、特に用事もなかったので、出掛けてきた。

いつもだと、近所に来た献血バスで実施するけど、
今回は、別の用事もあり献血センターに行ってみた。

以前にも訪れたことのあるセンターだけど、特にかわりなかった。

午前中の割りと早い時間なので、待つことないと思っていたが、
すでに何人かが待っているような盛況ぶりであった。

雑誌などをみて、順番を待つ。


検査、問診を終えて、
献血実施。


テレビを見るように言われるが、面白い番組もなく退屈だった。

バスだと、結構話しかけられるが、対応している人数が多いせいか、それもない。


さて、献血が終わりいつもの説明を受けて終了。
個人的には、献血バスのほうが、好きかなと思った。

ケータイの電池のフタがなくなる


お盆休みの最中、旅行先でお祭りを見学していて、写真を撮ろうと思い、
携帯電話を取り出した。

そして、写真をとってしまおうとしたところ、違和感を感じた。

二つ折りのガラケーを使っている。
取り出した時に気がつかなかったが、しまおうとして二つに折った時、
手触りがおかしい。
ふと見ると、

携帯電話の裏側の電池の蓋がついていない。


慌てて足下をキョロキョロ探すが、ない。
回りは、お祭りの見物客で、一杯で誰かの足のしたにあるのか?としつこく探すが見つからない。


諦める。



旅行を終えて自宅にもどる。
とりあえず、電池カバーの換わりにサランラップを巻いて、電池がなくなることがないように対策をとったが、

格好悪すぎる。


ネットで、電池カバーをなくした時について、
検索する。


そもそも今の携帯電話は、ドコモのオンラインショップで買ったので、
その発想がなかったが、
ドコモショップに行けば、売ってもらえることがわかった。

ちなみにドコモのオンラインショップでも注文出来るが、送料が高くついてしまう。




ドコモショップにいくと、他にも待っている人がいるが、
部品の購入は、別なのか?直ぐに注文を受け付けてくれた。


さすがに店舗に在庫は、ないようで、メーカーに注文となる。

自宅にメール便にするか?再度来店にて受けとるか?聞かれ、再度の来店にした。



そして、携帯電話にメッセージが届く。

入荷したので、とりにきてとのこと。
店舗に出向いて、電池カバーを受け取った。
400円。ポイントでの支払いで、持ち出しはなし。


やっと、サランラップを巻いた状態からサヨナラして、
人前でも取り出せるようになる。

しかし、なぜ外れて、いつ、どこでなくしたのかは、いまだに謎だ。

バッテリーのチェック


先日、外出先で、セルが回らないトラブルに見舞われたバイクであるが、

充電器で十分に充電する。
充電器の説明書には、密閉式バッテリーは、
充電しないでと記載されているが、
いつも気にしないで充電している。

危険なのだろうか?爆発したりするのか?
まあ、五年くらい続けているけど、
今のところ異常は、ないので大丈夫だろう。


充電器を購入する前に自動車屋さんでバッテリーを充電してもらったときも、
おんなじ感じで充電していたし.....



兎に角、充電して、12Vを確認。

バイクに取り付けて、セルを回す。

今日は、問題なく始動。


アイドリング状態では、12Vを上回っているので、エンジンがかかっていて、回転あげれば、
充電はされていると予想される。



アイドリングのまま、バッテリーを取り外しても、エンジンは、止まらないので、バッテリーなくてもオルタネーターの発電でプラグに電気が供給されていることも確認。


そうなると、停車中の漏電か?

テスターを当てると、若干針が触れる。
そもそも車みたいに待機電力をつかうような電装はないはずなのだけど、
何が原因か?


わずかなので、街のりには、問題なし?として、
週末にしか乗らないので、定期的に、充電してバッテリーあがりを防ぐしかないかな。

バイク屋に頼めばかなり費用かかるし、
完全に壊れていないので、すべてを分解し自分でまだ確認するのは、面倒が先にきてしまう。


でも、冬になったらエンジンの始動が悪くなって、

もっとバッテリーは、厳しくなるのだろうなあ。

バイクバッテリーあがり 寿命


外出先で、バイクのセルを回すと、いつものキュルキュルという音がならずに、ビッビッビッという音がなって、エンジンが掛からなくなった。


セルでスタート出来なければ、キックがついていないので、
押しがけしかない。

しかし、下り坂でもあれば別だが、押しがけで不調時にエンジンがかかった試しがない。

だから、諦めた。



電車に乗って帰宅し、車で救出に向かう。

といっても、バイクを乗せられるような車ではないので、牽引のためのロープとバッテリーのブースターケーブルを持って出動。

バイクの加入している保険の救助を読んでも良かったが、いきなり修理工場直行は、
費用に対する心の準備ができていないので避けたかった。



さて、現場に到着。
もう一度、セルを回してみるが、
ビッビッビッという音だけで、スタートせず。
牽引はできれば避けたいので、
次にブースターケーブルで車と繋いでみる。


すると、あっさりエンジン始動。

ということは、やはりバッテリーが原因か?

自宅まで自走するが、特に問題なし。


しかし、エンジン停止後、再始動を試みて、セルをまわすが、
ビッビッビッで掛からず。

今、とりあえずバッテリーを充電しているが寿命かな?

状況から、バッテリーそのものか?バイクの漏電か?オルタネーターが壊れたか?


しばらく忙しいのでできないけど、
調べてみようかな。

品川で風立ちぬを見てきた。


金曜日に宮崎駿の風立ちぬを観てきた。

まず、品川の映画館にはじめていったが、
賑やかでビックリした。

品川は、どちらかというと、乗り換えするための通過点のようなイメージを持っていたので、
それが覆された。


さて、肝心の映画であるが、絶賛するほど良くもないけど、悪くもなかった。

実在の個人を描き、日本の様子を描き、なんだか、どっち付かずの印象を受けた。
レイトショウだったせいもあり、途中で少し眠くなってしまった。


宮崎アニメっていう肩書きがなかったら、
あんまり人気でなそうだなぁと思った。

驚きの健康診断結果

2週間前に受診した健康診断の結果が郵送で送られてきた。

受診当日の医者の面談では、胃のレントゲンと血中脂質、心電図に異常があると言われたので、
この2週間の間、ドキドキしながら、
結果を待っていた。


そして、
届いた健康診断の結果を恐る恐る開封して、
中をみた。

なんと、指摘された異常は、結果の用紙に記載されていない。
あの時の医者の言葉はいったいなんだったんだ。

とは言っても、数値であきらかな血中脂質は、指摘されたけど。

まあ、胃と心電図が異常がなくてほっとした。


検査結果は二名の医者で確認するので当日の説明と変わる場合がありますと、
印刷された説明文が入っていたから、よくあることなのかもしれない。



この2週間ドキドキして、加入している生命保険の内容を確認したりしてしまった自分が滑稽過ぎて可笑しくなってしまう。
プロフィール

  のほほ~ん法師

Author:  のほほ~ん法師
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

種族 :Human
性別 :男
年齢 :40代
属性 :善良
職業 :会社員/放浪者
信念 :勤勉であること


物、お金、時間、健康、人間関係
そして自分自身のこと....

人生は、本当に
いろいろな制約があるものです。
それと同じく悩みの種も
尽きることがありません。

あきらめず
前向きな気持ちを持って、
変化を求めて過ごしていきたい。

だけど、
本当はなるようにしかならない。
それならば、あるがまま過ごそうか。

最新記事
カテゴリ

 ┗雑貨 (16)
 ┣献血 (7)
 ┣散歩 (34)

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム

バナー/ご意見メール







人気ブログランキングへ







当サイトは、リンクフリーです。
このバナーを御利用ください。



御意見はこちら

アクセスカウンター







広告

MY ホームページ



の ん び り 旅 行 記



2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

2002年

2001年

2000年

北海道・東北の旅
中部・北陸の旅
関東の旅
近畿の旅
中国・四国の旅
九州・沖縄の旅
アジアの旅

====日本の観光地====

■北海道・東北地方■
北海道
青森県
秋田県
岩手県
山形県
宮城県
福島県

■中部・北陸地方■
新潟県
富山県
石川県
福井県
山梨県
長野県
岐阜県
静岡県
愛知県

■関 東 地 方■
神奈川県
東京都
千葉県
埼玉県
群馬県
栃木県
茨城県

■近 畿 地 方■
滋賀県
京都府
兵庫県
大阪府
奈良県
三重県
和歌山県

■中国・四国地方■
鳥取県
岡山県
広島県
島根県
山口県
香川県
徳島県
愛媛県
高知県

■九州・沖縄地方■
福岡県
佐賀県
大分県
熊本県
長崎県
宮崎県
鹿児島県
沖縄県




巡 礼 遍 路 の 旅


仏像と寺院
巡礼の作法
般若の教え
仏名鑑
六道輪廻の思想
地獄めぐり
極楽浄土
様々な巡礼霊場
巡礼用品

四国八十八ヶ所霊場
発心の道場
修行の道場
菩薩の道場
涅槃の道場

百観音霊場
西国観音霊場
坂東観音霊場
秩父観音霊場

日本各地の霊場
北海道東北
関東
中部北陸
近畿
中国四国
九州沖縄

地方霊場巡礼記
三浦観音霊場
鎌倉観音霊場
関東三十六不動霊場
関東八十八ヶ所霊場
御府内八十八ヶ所霊場
鎌倉二十四地蔵尊霊場

名刹探訪問日誌




三 浦 半 島 散 歩 道


横須賀北部
横須賀南東部
横須賀南西部
三浦市
葉山・逗子

一月の歳時記
二月の歳時記
三月の歳時記
四月の歳時記
五月の歳時記
六月の歳時記
七月の歳時記
八月の歳時記
九月の歳時記
十月の歳時記
十一月の歳時記
十二月の歳時記

三浦半島イベント見聞録

三浦半島 ウォーキング記録

三浦半島の宿
三浦半島の土産
三浦半島へのアクセス
三浦半島の味